スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No850:スリーピング・バンテージ ⑥



 ドラマチック フィニッシュ

           がるりんのラブコメ制作支援。






























 さあ、長かった試練も終え、ようやく到着したよ。

 お茶の間の皆様、見えますか?こちら現場の僕です。



 伝説のネメア装備を求めて。忍び込んだは王の寝室。

 ぐるり見渡すと、居るわ居るわ。目的を同じくした戦士達。

 でも王様の体は1つしかないの。モテ過ぎて困っちゃう。



 10分に1度、顔を出す。その瞬間に狙いを澄まし。

 オオカミどものバンザイアタック。あの子に集中砲火。

 オレと戦ってください。いやいや私が。なんの僕こそ。



 なにこのギャルゲー。(やったことはない)



 殺伐とした空気に呑まれそうになりながらも、

 隅っこでひっそり。チャンスを待つことに。



 すると、あれあれ?女の子が近づいてきたよ。

 やだなあ、こんなところまで僕のファンですか。

 サインかな?握手かな?お茶ならこの後にでも・・・。

















 ドリルかい

        ドリルがお望みかな?



 やあひかなちゃん、こんなところで奇遇だね。

 挨拶でロボトミーされるのは、初の経験です。



 どうやら彼女は、これまでにずっと、挑んでいるそうだよ。

 この混雑の中、勲章も8こ、手に入れたそうです。凄いね。



 しかし、それでも、ネメア装備は姿を見せず。

 やはりそう簡単には手に入らないんだね。むん。



 そんなこんなで、仲良く王様を待つ僕たち。

 沸き時間の方はある程度、予測がついてるもの。

 それまでは、何をしていようが自由です。



 そう、多少パソコンの前から離れていたって、

 誰に文句を言われることもありません。ありません。
















 夫婦

 だから二人の妻を娶ろうとも、それはフリーダム。



 誰に文句を言われる筋合いもねえですしそんなの関係ねえですけど、

 ひかちゃん (たぶんこの時AFK) が見ると照れて怒るのでごめんなさい。



 ちなむ。ヒツジさんの方は自分から寄ってきました。

 わざわざ、おめかししてくれて、位置の微調整まで。

 僕はそれを、プロポーズと受け取ったぞ。













 さて、おふざけが過ぎちゃいました。

 まさかこれだけで帰ったなんてオチはないよ。

 ちゃんと戦ってきました。王様とバトりました。



 まさに、上のSSのわずか1分後。

 僕の目の前に姿を現してくださったんです。



 次回はそのバトルの模様を書きましょう。

 まだこのシリーズをひっぱる気か鬼畜が。





スポンサーサイト
【2007/11/29 20:00】 | CAROL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No851:飢饉注意報 | ホーム | No849:スリーピング・バンテージ ⑤>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/852-8a3a9831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。