スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No806:弱い者が強がるんだ②



 </前回までのあらすじ (読み飛ばし推奨) ここから>

 宣言しおった

 みんなは森へピクニックへみんなで行くことになったみんな達とみんな。
 ところが赤い鼻を忘れてさあ大変。どじょうがこっちを指さし笑ってる。見んな。
 仕方が無いから歩いていくことになった僕達を待ち受ける魔物、魔物、あと魔物。
 でも番組放送時間の都合上の関係上、気がついたら僕がついてました森に。
 そこまでのドラマはCUTですか。現地での収録時間なんて5分だよ。くたばれ。

 </読み飛ばし推奨ここまで>























 </読み飛ばし推奨ここから>

 満身創痍

 道中、転びながらも熊牧場へと辿りついた僕たち。ここでもやっぱり転ぶ。
 満身創痍のメンバー。元気なのは神殺しのウサギさんだけでしたとさ。
 「クマ?大丈夫だって。わたし三日徹夜したことありますもの」と戦姫様。
 その笑顔がなぜか僕には恐ろしく思えて全身の毛穴が開いてなんか汁出た。

          邪悪な笑み

 既に倒れて繊維じゃなくて戦意を失った相手の頭蓋をぼっこんぼっこん。
 そのハンマーのような拳を遺憾なくブルンブルン振り回して F=mrω^2 って。
 文字通り完膚なきまでに叩き潰しちゃってせんべいは甘くて好きだよ。
 横で見てた皆の体もブルンブルン震えてもR15ですか世界でイチバンです。
 何を書いてるか分からなくなり関係者各位様が憤怒したところでフィクション。
 はいと言える素直な心を汚してごめんなさいと体面だけを繕う偽善者は誰か。
 



 もう最初っから考えがあったわけじゃないんです。




 </読み飛ばし推奨ここまで>
















 ピクニックを満喫した僕達はクリスマス工場へとやってくる。

 熊牧場初体験だったぞーりんは、当然のようにここも初めまして。



 きゃっきゃ、きゃっきゃ、騒ぐ僕達。

 ・・・・ふと。奥の壁に描かれている絵が気にかかる。



















 不思議な絵


           結論-プレゼント工場には悪魔が住みついている。












 今日はこれでおしまい。

 おしまいったら、おしまい。





スポンサーサイト
【2007/11/07 20:00】 | CAROL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No807:大丈夫ただの悪戯ですから死にませんよ | ホーム | No805:弱い者が強がるんだ①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/808-59203624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。