スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No756:LOVEパンチ



 ゴーグル

          これ 泳げるよ 絶対




























 だれか シュノーケルと 同時に装備してくれないかな?

 ああ ボクも タコの精錬 しておけばよかった・・・



 昨年のシュノーケル まだ持っています BEATですよっ!




















 クエスチョン!



 げんこつの前に コブシに 息を吹きかける仕草

 あれの 意味・目的と 効果の程が わかりません



 「昔 道具の握る部分が木であった場合 息で湿らせることで

 握る部位の 摩擦を強くして つかい易くしたと云う 

 この行為を模して 拳を握るときに 息を吹きかける」



 といった記述を どこかで拝見しましたよっ どこかで

 なんだか もっともらしいですけれど うーん どうでしょう?



 だって それなら コブシじゃなくて

 手のひらに 息を吹きかけるんじゃないかな?



 ボクは ずっと バスケ部だったわけですけれど

 それはもう 体育会系だったわけですけれど



 ボールが手に馴染むよう 軽く握った手の内に向けて

 息を吹き込んだりは しましたけれど

 コブシに向かって 吹き付けたりは しなかったですよ



















 「息を吹きかけることで げんこつまでの 間をつくり

 その間に 相手に げんこつの痛さを イメージさせる」



 と云う記述も そこかしこで拝見しましたよっ そこかしこで

 なんだか 稚拙ですけれども でも こちらの方が正しい気もします



 大人と 子供ほどの 力の差があって

 はじめて 成立しそうな 行為ですけれど



 でも げんこつって もともと 愛情のこもったパンチ

 のことじゃないかなぁ とか思ってるボクです イメージです



 年・実力・立場の近い相手に 思いやり無く ふるうコブシは

 げんこつではなく 暴力? (内籐vs亀田 を 観戦しながら書いてます)



 そうすると 親から 子供にむける げんこつには

 なるほど しっくり 納得のいく 仕草なわけでっ







 親「ギュッ!(拳を握る)」

       子「ビクッ!」

 親「ハァ~・・・(叩くぞ叩くぞ)」

       子「ビクビクッ!」

 親「ぶんっ!(手を振り上げるっ!1”)」

       子「ぎゅうっ!(目をつぶる)」

 親「・・・コツン(優しく叩く)」







 ほら どうみても 愛情いっぱいじゃないかっ








 コブシに吹きかける息が 「フーッ」 ではなく

 「はぁ~」 という 温かい息であることも ポイントだよね

 コブシの温かさが 心の温かさなんです こじつけなんです







 ゲンコツの語源は "拳子" 硬く握ることより 拳固

 それで叩くから 拳固殴ち(げんこうち) → ゲンコツ



 だそうです ふーん



 やはりゲンコツは 子供のためのコブシなんです こじつけなんです
















 つまり げんこつに息を はぁ~っと 吹きかけるのは

 今から 殴る相手に 愛情の意を示しているわけで



 親子間なら まだしも 殴る相手によっては

 お付き合いの申し込みと 同義なわけで



 格闘漫画や 喧嘩漫画で コブシに はぁ~ なんてやってると

 相手を モノにする気 満々の 意思表示なわけで



 タイトルの通り ゲンコツ=LOVEパンチ でして



 みんな 相手が コブシに息を吹きかけたら 気を付けろっ!












 結局 虚構で固められた記事な訳で どこまでが本当なのか

 書いているボクが分からないんだから みんなに分かる訳ない







 はいっ 本日はこれにて あっ 閉幕~~~!




 ちゃかぽこ ちゃかぽこ





スポンサーサイト
【2007/10/14 08:00】 | BEAT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No757:無茶な注文の多い料理屋さんよ | ホーム | No755:ちくわer達の集い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/759-f34e0a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。