スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No718:マイクに誓って法廷へ



 兄さんです

          はい。




























 四六時中バラの香りがする僕だよCAROLだよ。



 先日、僕がお世話になっているギルド様でイベントが催された。

 題して「マイクに向かってごめんなさい!」詳細はコチラ



 当日、メンバーは少し早めに接続をして設営準備。

 とドー君からのお達しがあったので、7時にINする僕。

 (イベントの開催は9時から)



 既に何人か接続していて、慌てて○×会場へと向かう。

 テントを建て場所を確保。あとは時間を待つのみだ。



 ここで行います



 あっ個人的なデートの申し込みなら受け付けているからね。









 ともあれ開始までの2時間。ブルペンピッチでゆっくり温める。肝臓を。

 その間にもぞくぞく集まってくるメンバー。そしてお客様。



 そして、ざっと見渡して100人は居るであろう聴衆を前に、イベントは始まった。



 マスターの愛ゆえ、もちろんギルメンは全員参加。

 半ば強制的にごめんなさいをさせられたよ。独裁だ。


 ギルメンのごめんなさい


 にしてもみんな、なかなか凄まじい謝りっぷりだ。

 会場からのヤジも暖かいものからえぐる様なものまで様々。



 あ、懺悔の内容はここには書かないことにするよ。

 僕と、会場に来ていたみんなだけの秘密だ。



 とはいえ、いろんなブログに書かれたりするんだろうな。














 さて今回のイベント。実は審査員賞なるものがあって。

 メンバーが気に入った懺悔ストを表彰することになっていた。

 (ギルドのメンバーは審査の対象外)



 僕の賞は、この方に送らせて頂いたよ。


 可愛らしい


 理由:とっても可愛らしかったから。

 メモとっちゃうよね、緊張するものね。人間だもの。


 僕とおそろいだったりします


 個人の賞品はこんな感じ。おめでとうございます。

 そして可愛い懺悔をありがとう。キュンキュンしました。







 そして、当日会場にお越しくださった皆様にもありがとう。


 おしまい


 とても楽しかったです、機会があればまた開催されるでしょう。

 また会場に遊びに来てください。僕たちと握手。







 本編以外のこぼれ話は、また追々と。






スポンサーサイト
【2007/09/25 08:00】 | CAROL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No719:凡庸だけど寛容です | ホーム | No717:杏よりウニが安いし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/721-efe622de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。