FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No710:オオカミだら かたき役のカガミよな



 むかし むかし あるところに 3匹の子豚がおりました



 3匹は 「もういい歳だし ニートやってる場合じゃねえな」

 と 考えて それぞれ 独立することにしました



 1番目の子豚は わらのいえを つくることにしました

 2番目の子豚は 木のいえを つくることにしました

 3番目の子豚は 都内のマンションを 借りることにしました

























 しかし 親のすねをかじって生活してきた子豚ごとき

 都内のマンションを借りるだけの貯えが あるはずもなく

 3番目の子豚は 都内の公園で ダンボール暮らしになりました



 野宿のMASSちゃん




 「さむい さむい 公園じゃ 冬を越せねっけよ」

 根性無しのブタは 冬どころか 夜を待たずして

 ワラの家へと 転がりこみました



 「お願いだも ここに 一緒ん住まわせてくりー!」

 「じゃあ一緒にブートキャンプしましょう、げへげへ」



 どったん ばったん  どったん ばったん



 ふたりは なかよく 体脂肪の燃焼を こころみました



 どったん ばったん  どどどど どがしゃーん!



 なんと わらのいえは 欠陥住宅だったのです

 ああ・・・・ これは 見るも無残

 大きな音をたてて あとかたもなく 崩れてしまいました



 「あーやっぱりボンドで接着しただけじゃダメかあ」

 「あにゅん=3」



 どうしたものかな




 わらわら動き出した二人の 最後の手段

 こうなったら 木のいえへと 転がり込もう



 「お願いだも ここに 一緒ん住まわせてくりー!」

 「お願いします、なんでもしますからー」



 招き入れます




 二人は ブタの情けで 住まわせてもらうことになりました

 ありがとう 持つべきものは やっぱり 家族だね



 ホイホイ




 でも その扱いは ゴキブリのようでした



 それでも 良かったのです 雨露を凌げるだけマシってもんです

 世の中には もっと惨めなブタが たくさんいるのですから



 誰のことかは わかりません しりません こたえません



 それに ちゃんと 食事だって出してくれるのです

 「じゃあごはんの用意するー」



 燃やす




 ゴアー!



 「ちょっと火力強すぎませんか・。・」

 「んに! 壁! 壁に飛び火してっけよ!」



 「あれーおかしいなー」



 だから 燃やす時 火薬を設置しすぎなんですってば



 さすが きのいえ 火の回りが 早いこと 早いこと

 3匹が暮らす家は あっという間に 炭になってしまいました



 「だも これから どうすっけよ?」

 「カラスが鳴くから」

 「帰ろー」



 こうして 3匹は またニートになりました



 やっぱり 我が家が いちばん いちばん (^^)






スポンサーサイト
【2007/09/21 08:00】 | MASS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No711:酸いも甘いも取り扱ってまし | ホーム | No709:吾輩は猫背である>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/713-b8911be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。