FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No475:低音を効かせたじだんだ



 とある日のドリームサーバー。PT掲示板を覗いてみる。なんだこれ。

 なんだコレ

 一つもPT募集が無いとか。天変地異でちくわでも降ってくるんじゃないの。

























 僕はPTを利用しない孤独主義者だからいいんだけど。

 夢島の報われなさに、ちょっとキュンとなった。



 だから今日は君と一緒にいるよ。ずっと此処で狩りをする。











 そういえば、ハーク一味とかいう海賊団も島にやってきたみたい。

 これって結構たいへんな事だと思うんだけれど、何故か巷はお祭り騒ぎ。



 なにみんな、海賊とか怖くないの?



 よく分からないけれど、盛り上がってるならいいや。

 イベントに夢中の人は放っておいて、僕はいつも通りお散歩。

 ぴぴる

 そうして歩きなれた砂浜を闊歩する僕。ふと、見慣れない姿が。






 海賊じゃん

 げ!海賊じゃん。わざわざ、こんなところまで来てるんだ。

 やめろよ。砂浜荒らすなよあとちょっと姿かぶってんだよ。



 いろいろとカンに障ったので片っ端から掴みかかっては投げ捨てる。



 どれだけ倒しても、次から次へと湧いて出てくる海賊ども。

 なんかだんだん楽しくなってきて、必要以上にボコボコにしていたら。

 心だ

 こんなものが飛び出した。みんなの無垢な心を手に入れたらしい。



 心を手に入れたって、なんだかイヤラシイよね。

 でも、どう使う物か全然わからない。



 とりあえず、手で転がしたり、なぶったり、心を弄ぶ僕。



 なんだか、どんどん自分が悪者になっていく気分だ。

 良い事をしていた筈なのに。あれ、おかしいな。





スポンサーサイト
【2007/05/26 20:00】 | CAROL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No476:こうゆう夢ならもう一度逢いたい | ホーム | No474:そこから ここまで 孔明の罠>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/478-50e58e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。