FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No435:口先を研いでおけ



 りずむ < ふう ようやく 個人イベントのレポートも 終わりましたの



 びーと < おっつかれさーん☆

























 きゃろる < しりとりでも、しませんか。



 りずむ < どこから沸いて来ましたか 唐突ですね



 びーと < ん! いいねっ! 手加減しないじぇ☆



 りずむ < (しりとりに 手加減など・・・・)
















 びーと < じゃあ "しりとり"の 「り」 から 『竜宮チケット』



 りずむ < 「と」・・・ 『トムベスリーフ』



 きゃろる < じゃあ、『太いロープ』



 びーと < よしきた! 『プラチナの指輪』!



 りずむ < ・・・・『別れの手紙』



 きゃろる < 『ミンゴのだるま』


















        (~数十分後~)



















 びーと < 「そ」・・・ 『そこに山があるからだ』!



 りずむ < ・・・・『だんだんとルールが曖昧に』



 きゃろる < 『憎々しいヒヨコ』



 びーと < 『こうしている間にも 地球は回っているんだ』!



 りずむ < ・・・・『だいたい なんでわたくしが このような事』



 きゃろる < 『豚トロじゃなきゃ食べないよ』



 びーと < 『よくよく考えたら さっきのとこ 左折だったわ』!



 りずむ < ・・・・『わたくし もう やめて宜しいです』?



 きゃろる < 『すぺぺぺぺぺぺー』



 びーと < 『ペンキ塗りたてって 書いてあるでしょうが』!



 りずむ < ・・・・『頑張らねば ならないのですね』



 きゃろる < 『ねっちょりねっちょり』



 びーと < 『リクエストに 応えてやる義理はねえ』!



 りずむ < 『ええと・・・・ 奇声だけですとか ありなのですか』?



 きゃろる < 『からーんころーんぽろーん』



 びーと < 『ん~・・・ どうでしょう』!



 りずむ < 『うわあ・・・・ ルール無用の残虐ファイトですね』



 きゃろる < 『ねるねるねるね食べたい』



 びーと < 『今から寝るくらいなら 徹夜しちゃったら』!



 りずむ < ・・・・『ライジン』!



 きゃろる < 『んびゃびゃびゃびゃびゃびゃびゃびびび』



 びーと < ・・・『吃驚した~ こんがりだぁ』!



 りずむ < 『安心してください "みねうち"ですから』



 きゃろる < 『ライジンのどこに、みねあるの』 (がくっ)



 びーと < ・・・・『のそのそ』 (逃げ)









 りずむ < 『それでは皆様 御機嫌よう^^』




スポンサーサイト
【2007/05/06 20:00】 | CHAT | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<No436:良いじゃないかバカ一代 | ホーム | No434:楽屋表>>
コメント
>『からーんころーんぽろーん』
>『ライジン』

誰もツッコミを入れないだなんて・・・!∑(´□` )
これが驚愕のBEATさん式しりとりルールですかっ
【2007/05/07 10:59】 URL | Gの人 #ECeERO2M[ 編集] | page top↑
>ガンくん

こんばんは! コメント&ツッコミ 有難う御座います☆

お察しの通り しりとり (BEATルール) においては
「ん」で終わる言葉は ゲームオーバーの対象じゃないのです!
驚かせてしまったようで 申し訳御座いません

マジな思い出話で ボクの周りでは 何故か
1回目の「ん」だけは 「ンジャメナ」 で繫げれると云う
"奇跡の生還ルール" なるものが まかり通ってました

さらに ローカルなルールでは
「ンドゥバ」も 有りだと云う・・・・

今にして思えば ただ 言いたかっただけでしょうね(笑)
【2007/05/08 00:30】 URL | BEAT #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/437-9f05dc82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。