スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No322:劇団フェイク



 さぼりです

  最近 よく あぶらを売っています























 売ってるよ?

                    ほらっ!

















 あぶらの次は 心とか魂を売ってみたいです 悪魔とかに



 かくして 覇王の力を得たボクは

 カバリア全域を 混沌の渦へと陥れます



 手始めに 冒険者の皆さまに 納税の義務を課します

 SHOPの商品は全て 5%増しになりますし

 露天で得た収入からも 所得税を支払わなければなりません



 あれ? 覇王の力 関係無い!? 豚に真珠ですね

 誰が豚かっ! BEATはウサギです!(><)



 そんな こんなで 今日も参りましょう!!

 友達を売ることはしたくない BEATですよっ☆









 この日は アクアリースから こんにちは



 ホテルの陰で コソコソしている龍さんを見つけましたのです

 何しているのですか?

 「絡み辛い人間で御免なさい」 等と仰られておりましたので

 「ううん そんなことないですよー」 と応えました まる














    うそじゃないぞっ!







      正直者だ

 祖父母に







   それが原因だったのです

 気がついてしまいました




 目を守ってください

            うそを重ねます

 バルス!

 『このままでは 彼の世界から 光が失われてしまう』

 そう感じたボクは その虚偽の螺旋から 彼を救い出そうとして

 口から あらぬ限りの言葉を吐き出し 説得を試みます・・・







 ・・・・・しかし








 後ろ向き発言

 見えなくなれば・・・

       そんな 視線など!




        そんなに 卑屈にならないで



          虚しさを 口から出して また 嘘になり

          嘘で塗り固められた嘘は 既に鉄壁の要塞で

          人々の優しさなど 微塵も立ち入る隙間はなく

          それでも 気が付いて 欲しかった・・・・



     引き止めています















 暗く 寒い 海の底

 見失っている

    進むべき道が わからない















  海の底でも・・・

    仲間は いるんだ ホラ そこに




   過去の過ち




    自分を苛み

    過ちは 繰り返さない


















 「さぁ・・・」 そうして ボクは 手を差し出す

 深く 暗い 海の中 もがく 彼を 救おうと















 深い 寒い 海の底

        もがいて もがいて





















 手は 届かなかった

 後悔

 知らなかったの? 分からなかったの?

 どうして 気が付いてあげれなかったの?



 するり 手から滑り落ちた 幸せは

 既に ボクの視界から 姿を消して

 もう 手を伸ばせども 届かなくて



 掴めるものは・・・ 空虚のみ・・・・

 失望

 残ったものは・・・ 孤独のみ・・・・



















































 この話は最初から嘘です

         また 目が悪くなりました(^^)



スポンサーサイト
【2007/03/11 08:00】 | BEAT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No323:蜃気楼 | ホーム | No321:力の山道>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/323-f63bed45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。