スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1413:私のパパは勇者と旅をしたの



 カバリアン


 掘りが面倒っちゅーんで 滞りまくりのキークエスト

 いい加減 カバリア遺跡を終わらせようってな? んね

































































 遺跡の巨人


 ハカセが言うんには こん遺跡には

 巨大ロボットが潜んでいる云う

 伝説があるっちゅうことよ? んに



 事実だら ハカセん位置が怪しい思うんは アタイだけ?

 なんもよ? なんも引用しとらんよ? ぷるん ぷるん






































 天才の言


 なにを しれっと














































 いっぱいいる


 だも タンゴ博士が4人 これは間違いなく クローン技術

 ハカセん父親だら んとに 天才だったかもわからんね んに



 親の七光りっちゅーんは こーゆーん?



 しれっと


 ・・・・ん? また しれっと

 勘弁して欲しいっけよ んとに



 きっと 彼ん親も

 こんくらい傲慢だったんかな?

 能力が伴ってこその 自信だもな



 だも 今のハカセに出来るんは

 せいぜい 暗殺術や 銃の扱い方や

 深度100m超の埋没物を感知する術を

 みんなに 伝授することだけだらなー



 ・・・んに? もしかして ハカセって 天才ん?






スポンサーサイト
【2008/11/03 08:00】 | MASS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1414:千年の悲願 | ホーム | No1412:魔石の迷宮その3-槍>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1440-53496ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。