スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1367:幻想組曲その61-大後悔船



 暴発


                ああー、あーっ!

























































 真相


               ああーーーーッ!!!



 女王騎士団の老兵、ガレオンから聞いた真実。

 父の最期。それは、母が宿す太陽の紋章の暴発でした。



 おーいおいおい。おーいおいおい。



 うなだれ





































 ぐっさり


 そして、セーブの効かなくなり、暴れだした女王を、

 どんぐりがその手でケリをつけた。と・・・。






































 語り


 ・・・・と云う話を、ガレオンのじっちゃんから聞いた。

 父さんも、母さんも、生きたいように生きれたのかな・・・。



 どんぐりにも、こんな辛い役目を任せてしまって、

 本当に苦しいだろうに。申し訳ないなあ。
















































 さて、どんぐりの話はここらでおいといて。(さらり)

 負傷したリオンちゃんを治療する手立てはないかと、

 多方面から、その方法を探ることに。


 おいといて


 なんか、お供の子が変わりました。

 僕はまだ、一人でお使いも出来ない、

 オコチャマ王子ということか。



 はぁ・・・。











 <中略>





 竜の馬


                次は ↑ に行きます。









































 ガレオン


 ちなみに、このおじいちゃんは、僕のひいきです。

 文句があるやつは、老けてから来い。




スポンサーサイト
【2008/09/22 05:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1368:三種の神器 (メガネ・七三・4色ボールペン) | ホーム | No1366:特命家宅訪問型臨時教師グスタフ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1370-a6d76551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。