FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No137:初めてのお断り



 一夜明け賑わいできた街を探索することしばらく。

 街の片隅に佇む不思議な生き物を発見。接触を試みる。



 一見ただの犬っころ。大豆みたいな輪郭してる。

 その実これでトナカイだというのだから驚き。

 大事件の気配

 そいつが行きづりの僕にとんでもない告白。

 そんな情報が欲しくてちょっかい出したわけじゃないんだけれどな・・・。

 そもそも犬が喋るなんてそんなバカな。オカルトは絶えない。
















・でも「初めてであった旅人に依頼する」というシチュエーション。

 これももはやRPGではお決まりのパターンだ。

 ここは僕が一肌脱いでやろうじゃないか。



 それにサンタがいなくなっちゃうのは困るしな。

 今年こそ貰うはずだったんだもん。タケコプター。



 だから二つ返事で協力を申し出た。

 手伝いますよ

 レベルが足りず

 見くびられた。なんだよこいつもう。

 大人しくぺこぺこしてればいいのに。

 鼻なんていいだろ

 こいつ本当はサンタの事なんて心配してないんじゃない?

 タケコプターもらえなかったら君のせいだからな。



スポンサーサイト
【2006/12/08 20:00】 | CAROL | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No138:るれろ~♪ | ホーム | No136:初めての都会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/137-f8038da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。