スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1335:幻想組曲その58-唯其の為



 見えません


 ようやく日の目を見たキャラ。と云うことで。

































































 暴走するのよ


 黎明の紋章と対を成す、黄昏の紋章。

 それを、相手に奪われてしまった。



 結局は、宿した彼女の手に余り、

 暴走するカタチとなってしまったが。



 ゼラセ姉様が抑えてくれなかったら、どうなっていたことやら。

 アレニア嬢には、感謝してもらいたいものだ。まっこと。



 このすぐ後に、敵の新手が現れ、

 黄昏の紋章を奪い返すことは成らなかったが、

 戦には勝てたので、よしとしよう。









































 ミアキスの涙


 もちろん、おし倒しました。

 ・・・じゃなくて。







 リムの護衛だったミアキスちゃん。

 その任を解かれてもなお、女王騎士として勤めることで、

 リムとの接点を守ろうとする彼女。 うう・・・なんて健気。



 今では無事に、我が軍に迎え入れることができたよ。

 これからは、メリメリ働いてもらおうと思う。




















 そんなこんなで、ドラート攻防戦も、

 我が軍の勝利で幕を閉じた。



 うむ、まったくもって順調であるぞ。

 我は大変に満足しておる。



 そろそろ、王都を奪還した先の話を考えても良いころでなはいか。



 既にリムが、女王として即位しているので、

 国政は全て、任せてしまっても良いだろう。



 つまり僕には、ひがなネットサーフィンしながら過ごすという、

 至高かつ至福たるグータラ生活が待っているのだ。



 イエス!

 頑張れ僕。あと少しだ!



 最近、鏡に向かって、

 呪文のようにそう繰り返している。








 つづく




スポンサーサイト
【2008/08/21 19:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1336:天を衝く | ホーム | No1334:エアファイター>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1337-aa81eda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。