スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1327:幻想組曲その54-懐郷



 おまえか


 なるほど。こいつはイケメンだ。








































































 僕にそっくりな山賊を成敗した。



 髪型はカツラだったので、外してしまえば見間違えることもない。

 あとは、街に連れて帰って、こいつの始末を決めるだけだ。



 ・・・・と、思ったが。

 実は山賊たちには、黒幕がいるらしく。

 そいつの依頼で、僕の名を貶めるべく、

 略奪を行っていたらしい。



 つまりは、そいつをとっちめないといけないということだ。




























































 おまえか


 いや、とっちめるどころじゃないな。コイツは。



 標高3000mくらいから突き落としてやろうかと思ったが、

 本物の僕だと知った途端すぐ逃げた。とことん腐ったガキだ。



 今度会ったら、僕の三節昆で痛めつけてやろう目の周辺を重点的に。



 雇い主を失った山賊は、僕の影武者として雇うことにした。

 骨身を惜しむ間もないほど働かせてあげよう。













 しかし連勝続きで、いいことだらけだ。

 王都を奪還する日も、遠くはないだろう。



 ・・・以前の生活が懐かしいな。

 そういえば、髪も伸びてきたかな。



 つづく








スポンサーサイト
【2008/08/16 06:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1328:幻想組曲その55-マガオ | ホーム | No1326:幻想組曲その53-鏡の中の男はだあれ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1329-0157cb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。