スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1315:幻想組曲その49-王子ヶ盾



 今作では、戦闘中の陣形を変更できるようです。


 十字の陣!


 我らが、こうかはばつ軍スタンダードは、↑の十字の陣。

 戦闘の僕が傷つきながら戦う、まさに消耗戦である。



 ・・・・いたい。(じょわー)


























































 ダイアモンドさん


 (前略)



 遺跡の奥で、鬼を倒した。

 十字の陣が、中央から崩される苦戦っぷりだったが、

 残念。貴様らとは地力が違う。



 道中、敵が強くて、道が複雑で、

 1時間以上も迷ったことも、良い思い出だ。



 こんな場所、

 二度と来るもんか!





































 おひさしぶりです


 その帰り道に、シリーズお馴染み、テレポート少女に会った。

 クシャミをしたらキミへの合図。(強制テレポート)


 よろしくね


 そしてやはり、ワケもわからぬうちに、仲間になった。

 さすがお兄さん王子、カリスマがマッハだ。

 どんなやつでも仲間にしてしまうぜ!





























 さて、話を本筋に戻して。



 僕らが遺跡に行ったのは、

 そこの仕掛けを利用して、堰を破壊するためだ。



 その方法は、単純明快。

 遺跡と云う名の、人口湖の水門。

 それを僕 (の紋章) の力で開放し、

 津波にも似た激流を、堰にぶつけよう!と云う訳だ。



 ファンタスティックな軍師様である。














 しかし、このまま洪水を起こしたのでは、

 堰の守備兵を巻き込むことになるだろう。



 仮にも、この国の王子として、

 そんな真似はできない!


 ゴリゴリ


 せめてこの手で直接、地獄に送ってくれるわ!



















 ・・・・じゃなくて、被害を抑えるために、

 敵をこの砦から、撤退させるんだ!



 優しい!王子優しい!



 つづく





スポンサーサイト
【2008/08/06 16:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1316:セルフ勲章サービス開始 | ホーム | No1314:霞の暴食>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1318-281ceca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。