スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1281:幻想組曲その28-ことなかれ



 つかまえたはいいけれども


 前回つかまえた砂金泥棒。

 男の方はログ。女の方はラン。

 どうやらふたりは、親子らしい。



 聖地の砂金をくすねるなど、言語道断。

 普通なら、首をはねてしかるべきなのだが、

 僕の寛大な心で、ここは許してあげた。



 ・・・本音は、王家とラフトリートの、

 良好な関係を維持するためだが。



 敵は少ないほうがいい。

 これ、世界の真理。



























































 ログ



           ラン




 さて。事態を丸く収めるために、僕たちは、

 次の目的地を、ラフトリートとした。



 ラフトリートの頭領に、直接話をつけて、

 事態を、表沙汰にしないためである。



 王家の汚い政治と言うなかれ。

 秩序を保つためには、必要なことなのだと。

 わかるかな?Boy and Girl ?



 


















 翌朝。

 僕たち一行は、一路、ラフトリートを目指す。



 ラフトリートの民は、船で河川を旅する遊猟民族だ。



 普段は、その停泊地を特定するは困難なのだが、

 幸いにも、偶然にも、御都合主義にも、今回は、

 我が城の付近に停泊していると云う情報が入っている。



 これが、王子の生まれ持った幸運か。



 いざラフトリート。


 どんな村かは、まだ分からないが。

 きっと新しい出会いが、僕を待っている!

 (ゲームシナリオの進行的に)
















































 みんなもの


 ジャイアンの村と呼ぶことにした。



 つづく





スポンサーサイト
【2008/07/15 16:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1282:幻想組曲その29-ハートジャム | ホーム | No1280:7転び9起き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1284-c225d395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。