スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1264:幻想組曲その18-催促キップ



 そこで決戦

 試合も進み、いよいよ決勝進出者も決まる。

 絵に描いたようなシナリオで、この組み合わせになった。

 ゲーム上の都合。と云うものだろうか。


























































 さらわれました・・・


 いいえ、巣立ったのです。












 話を少しさかのぼって・・・・。



 連日試合を観戦していると、疲れてくる。

 貴賓席のイスは確かに立派だが、庇が無いのが辛い。

 この炎天下で、汗は出るわ、服がベタつくわ。嫌んなる。



 リムには悪いが、今すぐここを抜け出して、

 アイスにむしゃぶりつきたい。あぢー。



 と云うわけで、コッソリと席を離れて、

 コンビニに向かったんだけれど、

 あっさり見つかって、リオンちゃんに怒られる。



 「ちょっとオシッコに・・・・」って言ったけど、つうじなかった。



 ところがどっこい。僕は閃いた。

 クマさんの激励と言うことにし、

 アイスの購入に成功したのである。



 我ながらナイスアイディアだ。

 経費最高!マジ最高!



 そうして、適当にアイスを届けて、

 あとは街をブラブラ歩いて帰るつうもりだったのに。

 嘘をついたらもう、これもんだよ!最悪だよ!



 つまりは、宿屋で働いている鳥娘(笑)さんが、

 先日の、面倒くさいゴロツキ達にさらわれたと言う。



 ああ・・・・。また、やっかいなことに首を突っ込んでしまった。



 それで、誘拐犯達はどこに?西の林?

 ちくしょう。また知らない場所だよ。

 出発前から、気持ちだけで足が棒だよ。



 王子である僕が、じきじきに手を貸すんだから。

 クマさん。あんたが優勝しなかったら嫌なんだからね!



 つづく




スポンサーサイト
【2008/07/04 08:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1265:幻想組曲その19-外れるための道 | ホーム | No1263:イスからバンジー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1267-61a635e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。