スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1260:幻想組曲その15-胸祭り



 ボソボソ


 牢屋の奥から声が聞こえる。

 どこからか人の気配を感じる。



 この壁が怪しい。


























































 ザコっぽい


 案の定、押したら開いた。

 奥には、名前からして怪しい男達。

 そして手前にいる偉そうなのは・・・。



 コイツ。ヘナチョコ貴族のところの闘技奴隷。ゼガイじゃないか。



 ザコっぽい2人は逃げていったので、

 腕組み野郎をふんじばってやった。



 でもコイツ。

 まったく抵抗しなかったけど。

 なんで?



 物足りないので、逃げた二人を追う。



 通路の先は、城の外へと繋がっていた。

 出た先に大勢でたむろしていたところ、

 ボッコボコにしてやった。(どんぐりが)



 よかったねシュンくん。

 これで今夜からグッスリだ!






















 だけれど、少しひっかかるのが。



 この男ゼガイも含め、不審な連中はみんな、

 アーメスの出身だってこと。



 もちろん、発覚した時点でヘナ男は出場を辞退。

 これで、ヘナ男がリムの婿になることはなくなった。



 あー。よかった。



 これで優勝候補と呼べるのは、あのいけすかない男、

 ロリコンのギゼルだけになったね。

 どうせなら、アイツも出場停止になっちゃえばいいのに。


 汚い策


 僕の権限で、首とかはねれないものか。

 いや、本当に。







 つづく



スポンサーサイト
【2008/07/01 20:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1261:幻想組曲その16-邪拳闘技 | ホーム | No1259:全略>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1263-63af18b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。