スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1253:幻想組曲その12-ダンシング・舞・ハート



 


 闘技場内へと足を踏み入れる僕たち。

 眼下に水陸両用トカゲの姿を確認したぜよ。

 土佐の大地が育んだ、立派な竜馬じゃきに。



 叔母姉さんは、やっぱりトカゲは苦手みたいで。

 「会いに行きたい。」と僕が言ったら、梅干みたいな顔してた。
































































 酷い臭いだ

 闘技場の地下へ降りる。そこで僕たちは、

 牢に入れられた、闘技奴隷の姿を目の当たりにする。



 一週間後に、闘神祭の開催をひかえた、この闘技場。

 普段は、貴族達が興じる賭け試合の舞台として使用されているらしい。



 僕の父さんと母さんの働きかけにより、

 闘技奴隷の虐待・売買は禁止されたそうだが、

 今なお、彼らに対する迫害は酷い。



 そんなことを、しれっと話す目の前の男が、

 ギゼル=ゴドウィン。驚いたことに、叔母姉さんの元・婚約者。



 いけすかない奴だ。



 こう云う、キザったらしい奴に、ろくな男はいないよね。

 礼儀正しふるまってはいても、内心で何を考えているやら。



 おまけに、こいつも闘神祭に出場するらしい。

 叔母姉さんにフラれたら、次はリムだってかよ。

 クワッ!この鬼畜!甲斐性なし!ロリコン!キメェ!


































 こんな弟はいらない


 地上に戻り、武舞台の確認をしようとしたところで、例の貴族に会う。

 でもキミなんかに、兄さんと呼ばれる筋合いはないんだけれど?



 どうやら、彼は今、

 自分の代理戦士として闘神祭で戦う、"闘技奴隷"の訓練をしていたところらしい。



 </ここから解説>

 (※国の制度で代理戦士の使用は認められており、出場者の代わりに戦ってもらえる。

  よって、多くの貴族達は闘技奴隷を用意しており、ギゼルやユーラムも例外ではない。

  だが、前大会の優勝者 (僕の父さん) は、異国より参戦し、自力で優勝した経歴をもつ。)

 </ここまで解説>



 それもなんと、その訓練相手がギゼルの代理戦士だそう。

 優勝候補同士の一戦を、一足早く見れるなんて、ラッキー。


 強いのとキモイの


 【奥:ユーラムの代理人・ムキムキ 手前:ギゼルの代理人・キモい】



 結果は、ムキムキ黒人戦士の勝ち。

 バカに勝ち誇った顔の、馬鹿ユーラムの、バカ笑いにイラっとした。



 そして、それ以上に。

 「当日はどうなるか分かりませんよ。」

 と、いやに冷静なギゼルの態度が気になった。










 ・・・・・だれか、だれか僕を、安心させてくれるような出場者はいないのか!?

 あいつらが勝った暁には、リムを連れて国外逃亡も辞さない覚悟である。僕は。



 闘神祭、当日が迫る。



 つづく






スポンサーサイト
【2008/06/27 20:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<No1254:幻想組曲その13-出会いが思い出になる日には | ホーム | No1252:おやしらずが見ているよ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/06/30 22:04】 | #[ 編集] | page top↑
>非公開コメント ○○○○○羊 さん

よくぞ見破った 明智君
また 会おうではないか!

じゃ な く て

いやあ その通りですね!
ご指摘 有難う御座います
記念に とっておきますねっ

これも ブログの醍醐味か
細かく見てくださり 嬉しいですっ

コメント有難う御座いましたっ
【2008/07/10 23:37】 URL | BEAT #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1256-94af47a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。