スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1247:幻想組曲その8-ぬるま湯地獄



                <6/19のコメントより抜粋>

 うさみさんのコメント


        ええ、登場する人物もみな、爽やかなキャラばかりですよ。





























































 でるはら


       ほーら。また出た。爽やかキャラ。(苦笑)











 ・・・・なーんて、ダルマの相手をしに、

 わざわざこんな場所まで来たわけではない。



 妹リムの婿を決めるという、闘神祭。

 その出場者名簿が見れるというので、

 元老院まで、足を運んでみた。



 道中、リムが僕の手を握って離さない。可愛い。

















 ・・・・・難しい話は、分からないんだけれど。



 貴族間の、醜い勢力争いが絶えないらしく、

 今回の闘神祭でも、保守派のハバネロ家 (うろ覚え) と、

 改革派のエドウィン家 (うろ覚え) が、有力候補らしい。



 それまでは、例の "元・緑の都" を治めていたロボット家 (うろ覚え) が、

 民からの評判も良く、有望だったらしいんだけど・・・・。政って難しい。



 まあ、誰が優勝してもいいんだけれど。

 リ、リムを幸せにしてくれれば。・・・グスッ。




















 


 いや、お前はダメだ。(きっぱり)



 まって。まてまてまて。

 貴族って、こんなのばかりなの?



 それはダメだよ。ダメすぎる。

 もう、お兄さん出ちゃうよ!闘神祭!



 どこぞの白馬の骨には、リムはやれん。






 つづく




スポンサーサイト
【2008/06/24 20:00】 | 幻想組曲 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1248:来世でなら貴方と会ってもいいわ | ホーム | No1246:幻想組曲その7-はれときどき溺愛>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1250-05e04e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。