スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No1017:蘭の軌跡その8



 <懐かしのスナップ その8>

 分身です

 コメント:サイト持ち様でした (2007/02/21)

































 <No261:SideRHYTHM-リズムちゃんとアイス君

 <No262:SideDEF-デフ君とアイスちゃん

 <No263:SideRHYTHM-心の紅

 <No264:SideDEF-救いを求めて

 <No265:Finale-リボン

 昨年の アイスファミリーイベント関連 連続記事

 いろいろと 表現を模索していた時期で 書いてみたモノ


 公開が恥ずかしいのは 自分で納得いってないからなんだろうなーっ


 ボクは周知 (かどうかは知らない) のとおり 予め 記事を 書き貯めしておく人で

 執筆から公開まで 幾らか日数があるわけです 最長で3週間の時も あったかな?


 すると このシリーズの様に 公開前から ダメだって考えちゃう記事は

 その数日間 記事を削除するか否か 葛藤しているワケでして


 結局は 消したところで 代わりのモノは 用意できませんし

 開き直って 世に出しちゃうのですけれどもねっ どかーんと!






 それで 記事の内容の話






 この段階で既に 後々になってから 記事を読み返すことを考えてまして

 ( 記事にしようなんてコトは まったく考えて無かったですけれども )


 そうなると イベントの話をネタにしますと 例えば 必要なアイテムですとか

 その時 その時で タイムリーな話題でしたら ついていくことが出来ますけれども

 読み返したときに 絶対 忘れてしまうと思ったのです


 ですから 今でも イベントのストーリーですとか 必要アイテムの説明ですとか

 記事が長くなっても ちょいちょい 文中に書いておくのは 読者と ボク自身のためです


 そんなわけで アイス君イベント なのですが


 ボクの記事以上に 公式のストーリーが 良かったのではないでしょうか?

 誰も そんなところ 見ていないのでしょうか? そうなの? そうか


 そう感じたので キャラを 深いところまで 移入させてみたのですけれども

 もう少し ボク自身に 能力があればなあ と 思いましたとさ


 でも こうゆうのも ブロガーの遊び方の ひとつだと思うよ




















 <No266:SideBEAT-楽屋裏

 これは おまけ



スポンサーサイト
【2008/02/21 20:00】 | BEAT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No1018:もこもこさんからのプレゼント | ホーム | No1016:貴方なら私をどう味付けするのかしら ③>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1020-4e2f3b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。