スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
No993:次の遠足までが遠足です ①



 底値

 がるりんの運命や いかに

 でも つづきません たぶん








































 ジュエリアでの 1月イベント



 これでドリル



 鯖剣装備 (中身はsl3マンゴーシュ感知+33RHYTHMに超似合わない)

 で 完全電球を 達成してみたり







































 硬いです



 シャワー (フェアー込み) で一確できない

 イベントMOBの硬さに イラっとしたり

































 楽しいですの



 敵の群れに飛び込んで ライジン撃って カイカンを覚えたり







































 痛いですの



 自分のHPが 3kしかないことを 忘れていたり

































 ケーキ大好きです



 美味しそうだけれど 重くて 多くて 邪魔い 歓迎ケーキを











































 食べてます



 むしゃむしゃ 食べて 処分したり










































 むしゃむしゃと



 むしゃむしゃ 食べたり








































 むしゃむしゃあ



 むしゃむしゃ 食べたり

 体重計は 見なかったり


































 終わりました



 そうこうして 無事に 完遂させることができました (^^)

 皆様 ご機嫌麗しゅう御座います RHYTHMですの






































 終わりました



 だのに コイツはまだ ケーキを食えと 仰るのですか

 ムカツク! ファックス ファックス送信! 滅べ


































 さて イベントの報告は これくらいにしまして

 先日 思わぬ経緯 ( ) から 貰ってしまった

 マスターゴールドロッドsl2 (装備できない)



 「もしかして もしかすると・・・ アシュターに見せてみてくれませんか?」

 と コモちゃんに言われまして アシュター = 焼き入れ女 と気付くまでの

 タイムラグも なんのその 言われたとおりに 見せてみたところ


























 ビックリしました








































 びょーん

 まだ まだ 可能性を内包していたのです 素晴らしい限り



 しかし これは 本当に吃驚です

 こんなものを見せられたら 当然

 羽が欲しくなってしまうのが 人間です



 「カバリア遺跡のPTクエストで手に入りますよ」 と 教えていただき

 「それでは 誰か一緒に行ってくださいませんでしょうか?」 とお願いしたものの



     みんな高レベル







 どこまでも貪欲な人間



 なんという高レベル軍団 感覚が麻痺してしまいます

 そのせいで 後に レベル上限の境界線を誤るのですが

 それは ここでは おいておきまして









 とにかく PTを組んでくださる人を 見つけなければ

 数値の上下に 一喜一憂 する以前の問題

 焼入れに 挑戦すらできない という現実で御座いますの



 おまけに そこは 相手の首元に鎌でこんにちはする わたくしですから

 当然のように フレンドリストはかっらぽ 点灯する・しないの話ではなく

 ソケットに ランプすら装填されていない状態ですから 簡単なものでなし



 募集をかけて 見知らぬ人と クエストに挑む と云うのも

 普通のクエストなら いざ知らず PTクエストとなりますと

 どこか ひとつ 抵抗を感じてしまいます



 ひとえに わたくしの 知らない人との間に 壁をつくる性格の

 しからしむるところでは御座いますが 分かっていても 鎌は止まりません



 でしたら 早い話 知り合いに 片っ端から声をかけまして

 どうにか 手伝ってもらおう といった算段で御座います















 ええと・・・ そうだ あの超ド級に優しくて頼れる ガングニル様

 ・・・は どうやら 今は 接続しておりません・・・ 残念ですの



 では ビジュアル系ギタリストみたいな顔してる D-3様

 ・・・も いらっしゃらない 残念でなりません・・・・



 あっ では ファンタジアの方で MASS様の知り合い!

 ・・・に ジュエリアでの 高レベルを期待しては いけませんね



 と そうこう 四方八方に 手を尽くしまして








































 1:1してみたらば
























        団子さん



                     この御方 つかまえました



                               つづく




スポンサーサイト
【2008/02/09 20:00】 | RHYTHM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<No994:信じるものはすくわれる(足元) | ホーム | No992:般若ここのつ ③>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beatnodiary.blog77.fc2.com/tb.php/1002-9c301740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。